飲食店の集客・売上メソッド 〜顧客リストがない場合の集客方法〜



  • 顧客リストがあるとないでは、天と地ほど販売促進活動において
  • 差が出てしまうことは当然のことです。


    しかし、店舗の業態により、どうしても顧客リストの獲得が難しいこともあります。
    大衆系の居酒屋、移動販売、催事販売等。その他にも沢山あると思います。

  • 今回は、そういう業態の方向けです。
  • まず、顧客リストはなくても販売促進、集客向上は可能です

実際にあった事例で紹介します。

ある居酒屋さんの経営者Aさんは、とある住宅地の一角でお店を営んでおられました。
Aさんが相談にこられたときに、

「私のお店は顧客リストを集めるなんて業態ではないので、とにかく料理の味で
お客さんに満足してもらい次回来店に繋げたい、または積極的にエリアを絞って
折込みチラシを行って販売促進活動しようと思う」

と言われました。そこで、私からAさんにお伝えしたことは、

・料理の味で妥協はしないこと
・無駄に折込チラシを行い、お店の資金繰りを悪くすることもやめること

と伝え、今後の販売促進活動として


@同業態で人気のあるメニューをパクること
A折り込みチラシはやめて、ポスティングチラシに切り替えること
Bお客さんと最低でも1分間会話をすること



たったこれだけです。
これだけAさんにお伝えして、まずは2ヶ月間実践して頂きました。
すると、Aさんの居酒屋の売上は先月比120%、翌月も先月比145%と
売上アップに成功しました

とくに目を見張るのが、売上増の一番の要因が、新規客の大幅増ではなく、
既存客の再来店が中心だったのです。(既存客との繋がりが大幅アップの秘訣です)

Aさんは、この「仕組み・集客力」に大変ご満足頂き、現在も継続して
(特にAとB)販促活動しており、安定した売上アップを確保されています。






飲食店経営の集客・売上のご参考に。


※テーマが「集客力」ではなく、「売上向上」に近かったかもしれません。ご容赦ください。





飲食店経営-飲食店の集客や売上不振を解決するサイトのトップページへ


よく読まれている人気の「集客メソッド」の記事を紹介:
→ 存在しているニーズを狙う
→ あなたのお店が選ばれない「決定的な理由」とは?
→ 新規集客に価格は関係ない
→ 全部が「素晴らしい」では誰も反応しない
→ マル秘の無敵の集客術
→ チラシの重要な内容
→ 強烈な動機づけを行う
→ 一番簡単な集客方法
→ 再○館成約の「40代からの化粧品」、しかし買っているのは?



「売上向上メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから

「独立開業メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから

「心理学メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから




↑ ページの上部へ

ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。