飲食店の集客・売上メソッド  〜集客の絶好のタイミングを知る〜



お客様は、あなたの飲食店を利用するときは、何か

・食べる必要性があってお店を利用しているのか?
・食べたいときにお店を利用しているのか?


さて、どちらでしょうか?



それは
「食べる必要性があってお店を利用している」 です。

多くの方が、「食べたいときに利用している」
と思ったかもしれません。 その理由を簡単に例に出してお答えすると、

あなたが居酒屋で忘年会を開くとします。その忘年会を開くきっかけは・・・

「今日は同僚と飲みたいなぁ・・・よし、忘年会でもしてみようか?」(ウォンツ)
「今日は同僚と飲みたいなぁ・・・よし、新年会でもしてみようか?」(ウォンツ)
「今日は同僚と飲みたいなぁ・・・よし、送別会でもしてみようか?」(ウォンツ)

全部違います。

外食をしなければならない必要性(ニーズ)に迫られるからです


ということは、
「「行事」が多い月ほど、飲食店は忙しい! 」
ということになります。


また、反対に売上が低い月は「行事」が少ない傾向があります。

つまり、


【「行事が少ない」=外食する必要性(ニーズ)があまりない】


ということです。 ここで、一旦まとめます。

「食べたいとき(ウォンツ)に、飲食店を利用しているのではなく、「食べる必要性(ニーズ)があるときに、飲食店を利用している」

です。
飲食店では、「飲食店にいく必要性」が高いときほど、お客様は利用するのです。

このような捉え方をされると、いつが
「集客の絶好のタイミング」
なのかが見えてくると思います。

是非、ご検討ください。必ずあなたのお店に合った「ニーズの高い集客のタイミング」
が存在しています。そのタイミングを利用して、あなたのお店の集客力を向上してみましょう。






飲食店経営の集客・売上のご参考に。

     




飲食店経営-飲食店の集客や売上不振を解決するサイトのトップページへ



よく読まれている人気の「集客メソッド」の記事を紹介:
→ 存在しているニーズを狙う
→ あなたのお店が選ばれない「決定的な理由」とは?
→ 新規集客に価格は関係ない
→ 全部が「素晴らしい」では誰も反応しない
→ マル秘の無敵の集客術
→ チラシの重要な内容
→ 強烈な動機づけを行う
→ 一番簡単な集客方法
→ 再○館成約の「40代からの化粧品」、しかし買っているのは?



「売上向上メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから

「独立開業メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから

「心理学メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから





↑ ページの上部へ

ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。