独立開業・起業したい方へ 〜あなたが来店してもらいたい人はだれだ?〜



  • あなたが来店してもらいたい人はだれだ?

    あなたが来店してもらいたい人=お客さんにしたい人です。
    言い換えれば、顧客ターゲットを定める、「優先順位」をつけるということです。

    また、顧客を定めることによりあなたは戦うべきフィールド「戦場」も決まります。

    顧客を定める場合は、「貴店の強みに合う人」を選択することが非常に重要です。

    分かりやすい例で言うと、「ユニクロ」を参考にしてみましょう。
    ユニクロの強みが「価格競争力」であったとします。おそらくそうでしょう。
    ということは、ユニクロのターゲットは「低価格を良しとする人達」だったり、
    「経済的に苦しい人」かもしれません。

    このような「自社の強みを重視してくれる人」をターゲットに絞れば
    そのフィールドで非常に勝ちやすくなります。

    「価格競争力」を重要視しているにも関わらず、急に高級な服を展開しても
    売れることはありません。

    このように、
    必ず「貴店の強みに合った顧客」をターゲットにしなければなりません。

    例えば、独自の醤油スープを自店の強みとするラーメン店であれば、豚骨ラーメンで戦ってる
    エリアで戦っても勝てるわけがありません。

    「醤油スープを求める顧客が存在するエリア」をフィールドとすべきです。


    何度も言うようですが、あなたが来店してもらいたい人は「あなたのお店の強みに合った人」
    でなければ勝てません。


    また、これはあなたが広告戦略を行うときにも大事な要素となります。
    広告を行うときに「あなたのお店の強みにあった人」に向けて打ち出さなければ、
  • 広告効果は全く期待できないでしょう。

    「何%割引!」

    「デザートつけます♪」

    みたいなクーポン付広告媒体を利用するくらいであれば、広告費用をどぶに捨てると何ら
    変わりませんので、やらない方がマシです。


    「あなたのお店の強みに合った人」


    これをキーワードとして「あなたが来店してもらいたい人=ターゲット」としましょう。





  •      


    飲食店経営の集客、売上、開業のご参考に









ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。