飲食店の売上・集客メソッド 〜売れる商品の思考法1〜



「売れる商品」が必要な理由は前回お伝えしました。
では、その売れる商品、サービスを作っていくためには何が必要かを考える
必要があります。

今までお会いしてきた経営者様・店主様で独自に考えられた商品、サービスが
突き抜けた売上を確保した事例は、ほとんど見たことがありません。
「売れる商品」によって、突き抜けた売上向上を得た共通のパターンは、

「お客様の不平・不満を商品、サービスに反映させる」

ただこれだけでした。自己満足で商品、サービスを考えるよりも、直接お客様に
聞いてみたほうが、顧客満足度の高い商品、サービスを提供することが可能になります。
お客様の、商品、サービスの不平不満を吸い上げ、自社・店舗の商品開発、
サービス改善に繋げるように社内体制を構築しましょう。

  • この体制を構築するのはつらい状況でもあります。
    あなたが一生懸命考えた商品、サービスの文句を言われ、その文句を今後の
    新商品開発、サービス改善につなげるのですから。

  • それでも、最終的にその商品、サービスを購入・利用するのは他ならぬ
    「お客様」です。その先に「突き抜けた売上向上」が待ってますから。

    【自店舗で解決しようとせず、儲かっている繁盛店を調べる】

    どうしてもお客様の不平不満に耐えられないのであれば、妥協案ではありますが、
    儲かっている会社・繁盛店をしっかりと調べ上げてください。調べるまたは
    体験することにより、

    儲かっている繁盛店の商品、サービスを体験することができます。

    そうして、その儲かっている繁盛店の商品・サービスを自店舗でも提供しましょう。

    もっとはっきり申し上げますと、
    パクってください
    このページをご覧になられている方は、きっと売上向上に困っている方だと思います。
    そうであるならば、まずは売れている店舗の真似をしてでも売上を確保することが
    何よりも大事なことです。何よりも「生き残り」をかけて、模倣するべきなのです。
         







  • 飲食店経営における売上不振・集客のご参考にしてください。




↑ ページの上部へ






ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。