飲食店の売上・集客メソッド 〜広告なしで売上向上〜



  • 広告をまったく行っていないのに、繁盛している・売上向上しているお店があります。
    「なぜ?」と思いますよね。その仕組みを公開いたします。

    まず、そういった会社、お店には共通する特徴があります。それは、

    「商品やサービスのクオリティーが高い」

    ということです。
    クオリティーが高いということで良く例で紹介されるのがホテルのリッツカールトンです。
    私はリッツカールトンが行っているCMなどを見たことがありません。

    私がリッツカールトンを知ったのは口コミでした。リッツカールトンは、
    口コミで集客できているので広告を行う必要がないのです。

    お客様は感情の変化によって満足度が変わってきます。感情の変化が大きいほど
    単価を高くすることができますし、逆に感情の変化が少ないと低い単価になって
    しまいます。

    多くの方が経験したことがあると思いますが、あるお店に行って感情の変化が
    大きかったら、そのお店のことを他の人に話したくなります。

    こういった口コミでお店の情報が広がれば、広告コスト0円で
    集客できていることになります。


    それまで、売上に対して10%の広告コストがかかっていたとすれば
    その10%は全て利益に変わるのです。これは圧倒的な売上向上・利益向上につながります。

    クオリティーが高くお客様の感情の変化が大きい商品を通常よりも10%高く
    売ることができれば、その10%分も全て利益になります。

    さらに、たくさん売れるようになれば仕入原価もそれまでよりも低く抑えることが
    できるので、さらに利益が増えることになります。

    このように良いサイクルに入り、売上と利益を増やしているお店は、
    出た利益でさらにクオリティーを上げ、次に値下げを行い回転率を
    100%に近づけていきます。


    これは、売上が落ちた会社、お店がやる苦し紛れの利益を削る、”ただの値下げ”とは
    意味が違います。クオリティーを上げて、利益を増やしながらの値下げなのです。
    利益を増やしているお店はこのサイクルを繰り返しているのです。
  • そうすることでライバルに大きく差をつけることができるようになります。

    広告コストも必要ですが、まずは、このサイクルをイメージして改善できるところが
    ないかもう一度確認されてみてください。これをイメージするかどうかで、あなたの
    お店の売上向上が全く変わってきます。








  • 飲食店経営における売上不振・集客のご参考にしてください。




↑ ページの上部へ






ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。