飲食店の売上・集客メソッド  〜原価率を上げる(定説を壊せ)〜



  • 例えば、飲食店。原価率は30%以内にしないといけないとか誰が決めたか
  • わかりませんが、 そのような【定説】って存在しています。

    そうして、みなさんはその【定説】に従うように、その決められた原価率以内で、
  • 商品作りや価格設定をしています。

  • しかし近年、同業種=競争相手がこれだけ増えている時代、しかも商品、
  • サービスのクオリティだけは、右肩上がりで上昇しています。

  • その状態で、果たして独自のオリジナル商品、サービスって可能でしょうか?

  • 他社・他店にない独自の技術、サービスを持っているのであれば問題ないですが、
  • そのような会社やお店ってあまり存在しません。
    そんな状態のフィールドで戦うのに、本当に他店舗と同じ条件で戦えるでしょうか?

  • まずは、【定説】の真意を再検討するべきです。これは特に大事なことですが、

  • 【利益率ではなく、利益額に着目する】


    上記を踏まえ、ちょっと見方を変えてみましょう。

    例えば、1000円の商品があります。この商品の原価率は30%と決まっています。
    ということは、原価は300円なので、利益額としては700円ということになります。

    次に、商品の価格を1.4倍にしてみましょう。すると、1,400円の商品で原価率は
    50%とします。ということは、同じ原価は700円ですので、残る利益額も
    700円となります。

    この場合、原価率は上がってしまいますが、残る利益額に変化はありません

    同じ1商品から得られる利益額は全く変わりません。



    しかし、決定的に違うことがあります。それは・・・

    原価300円と原価700円の品質」ではどちらの方がよりお客様にインパクトを残せるのか?

    ということです。

  • 得られる利益額が変わらないのであれば、顧客満足度が高くなるほうがいい
  • と思いませんか?

  • さらに、原価を700円かけたほうがお客様に喜ばれる商品、サービスを提供
  • しやすくなります。

  • このようなやり方で、他店との差別化は可能です。
  • 他店がまだ行ってないのであれば、まずはあなたが先に行うべきなのです。
  • 利益は、顧客満足度の先に残ってきます。店舗の原価率の定説を気にするよりも、
  • まずは何よりもお客様に喜んで頂くことを前提に商品、サービスの提供を検討して
  • いきましょう。

  • これだけで飲食店の売上向上に役立ちます。






  • 飲食店経営における売上不振・集客のご参考にしてください。




飲食店経営-飲食店の集客や売上不振を解決するサイトのトップページへ-


よく読まれている人気の「売上向上メソッド」の記事を紹介:
→ 売上向上のコツを理解する
→ 新規集客に使えるコスト(経費)を理解する
→ お客様をえこひいきする
→ 簡単に売上を2倍にする方法
→ 売れる商品を売る
→ 短期的に売上(入金)を増やす
→ 絶対効果のある販促手法
→ 売れる商品の思考法2
→ 一人のお客様が生涯で作り出す利益を考える
→ 年間平均LTVで物事を考える



「集客メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから

「独立開業メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから

「心理学メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから



↑ ページの上部へ






ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。