飲食店の売上・集客メソッド  〜値上げで利益を倍にする〜



  • とある、飲食店での成功例ですので、お伝えいたします。
    そのうどん店は、この不況下のご時世に利益を倍増させたことで有名なお店です。

    そのお店は、500円で販売していたうどんを、
    リニューアルに伴い550円で販売することにされたのです

    うどんの容器は変わっていたのですが、基本は以前と同じで、
    リニューアルといっても看板が綺麗になって、壁の色が派手になっている

    程度。

    もともと美味しくて人気のあるお店なので、50円(10%)の値上げでも、
  • お客様は気にする様子もなく来店され、以前と同じような状態までにもどりました。

    私はうどんを食べながら、利益を計算をしてしましました。
    仮に以前の500円のうどんを販売していた時の経費が下記だとします。

    ・原価⇒150円(30%)
    ・一連の作業コスト⇒150円(30%)
    ・宣伝費⇒50(10%)
    ・その他⇒100円(20%)

    この場合、純利益は50円(10%)になります。
    そして、店舗リニューアル後10%値上げ後、550円で販売した場合、
    コストは変わっていないので
    値上げの50円分がそのまま利益になります。

    50円だった純利益が倍の100円になったわけです

    値上げに関しては、様々な理由づけをされていましたが、私は相当素晴らしい

    価格戦略だと感心いたしました。

    「10%の値上げでも、利益は倍になる」

    これが1年間続くと相当大きな金額になります。
    3年だとどうなるでしょうか?値決めをした時点で、儲かるのか?儲からないのか?
    がはっきりわかるのです。

    この値決めを間違ってしまうと

    ・どんなに優れたマーケティング戦略でも
    ・どんなに優れた商品でも
    ・どんなに努力を続けても


    利益を出すことは不可能なのです。

    あなたのお店の価格は本当に利益を生み出せる価格になっているでしょうか?

  • もし利益を生み出せない価格になっているのであれば、価格戦略について
    再度考え直した方が、飲食店の集客、売上向上に役立ちます。

    今回は、売上向上よりも利益向上のメソッドをお伝えいたしました。








  • 飲食店経営における売上不振・集客のご参考にしてください。



↑ ページの上部へ






ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。