飲食店の売上・集客メソッド  〜売り込まなくても売れるPOPの書き方〜



  • あるお店の子供用の靴売り場に「なるほど、こういう売り方もあるなぁ・・・」
    と唸ってしまうPOPがありました。それは、

    <お子様のコツ選びのポイント>
    @指がのびのび
    A底が曲がる
    Bかかとガッチリ
    C足裏にフィット

    のような感じです。これを見てどう思いますか?
    よくあるPOPと違いが明確になってませんか?よくあるPOPは、

    「オススメ商品はこれです!」
    「ここが売り・これが特徴です!」
    「人気NO1!」
    「店長のオススメ」

    などです。このようにお店の商品をオススメして売ろうと購入を
    促すのが一般的です。

    お店の商品を買ってほしい店舗からすると当然の内容だとは思います。

    しかし、こういった
    「売り手が売りたいがための情報」は、お客様にとって信用しづらい情報でもあるのです!

    これがやりすぎたりすると、「お店が売りたいだけでしょ?」
    と勘繰られてしまうことにもなります。
    それに比べると最初にお伝えしたPOPは明らかな違いに気が付くと思います。

    何が違うのか?それは。
    売ろうとせずに、お客様が商品選びを間違えないよう、
    「専門家としてアドバイス」
    しているのです。

    「売ろうとしていない情報」であるならば、お客様は疑う必要がありません。
    素直に情報を受け取ってくれるものです。

    つまり、あなたのお店でも「お客様が商品選びを間違えないよう」、
    専門家としてどのようなアドバイスができるかをPOPに落とし込んでいけばいいのです。

    たったこれだけの考え方で、飲食店の集客・売上を飛躍的に
    伸ばすことが可能になります。

    お客様が本当に必要としている情報を積極的に公開してあげましょう。
    お気づきですか?実は、私も同じようにしているのです。

    このサイトで「飲食店の集客・売上向上」に悩んでいる方へ、
  • 専門家としてアドバイスしているのです

    それがお客様の信頼を勝ち取るノウハウだと確信していますので。
    ですから、あなたのお店でもぜひお試しください。








  • 飲食店経営における売上不振・集客のご参考にしてください。





↑ ページの上部へ






ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。