飲食店の売上・集客メソッド 〜顧客を減らさない方法〜



  • 既存客数を増やすには、一般的には「新規客のリピート回数を上げる」という
    考え方になりますが、ここでは 「顧客離反率を減らす」というノウハウで
    飲食店の集客・売上向上をお伝えします。

    ・顧客離反率:新規来店から1年以内に来店しなくなった人の割合を率で表したのもの

    この考え方は、次回の来店のみを考えるという手法ではなく、3度目・4度目
    の来店で離店してしまうお客様が多いので、顧客離反率という1年間でどれだけ
    顧客を維持できたか?

  • という考え方がベースです。

    1年間利用してもらえれば、何かよほどのことがないかぎり継続来店して頂けます。

    つまり・・・
    既存客数を増やすためには、とにかく顧客離反率を減らす
    努力をしつつ、新規のお客様を既存客に変えていく


    それが重要になります。
    では、顧客離反率を減らす方法とは何があるのか?

    @まずはリピートしやすい顧客を集めること
    (フリーペーパーや割引チラシで来店したお客様はこれに該当しません。
    絶対リピートしないと定義します)
    →お店の理念・こだわり・価値観に共感していただけるお客様を集めます。
    (※詳しい顧客の集め方は、別でお伝えします)

    A来店したお客様とコミュニケーションを取り続け信頼を得て、
    お店の存在を「忘れる」ことを防止すること。

    →来店しなくなる理由のほとんどは「お店の存在を忘れる」です。
    →継続的にコミュニケーションを取り続け、お客様にお店のことを
     忘れないようにしておくことが重要になります。

    このように、顧客離反率を意識した行動を取ることにより、
    飲食店の集客・売上を改善させることが可能になるのです。








    飲食店経営における売上不振・集客のご参考にしてください。





  •       飲食店経営-飲食店の集客や売上不振を解決するサイトのトップページへ-


よく読まれている人気の「売上向上メソッド」の記事を紹介:
→ 売上向上のコツを理解する
→ 新規集客に使えるコスト(経費)を理解する
→ お客様をえこひいきする
→ 簡単に売上を2倍にする方法
→ 売れる商品を売る
→ 短期的に売上(入金)を増やす
→ 絶対効果のある販促手法
→ 売れる商品の思考法2
→ 一人のお客様が生涯で作り出す利益を考える
→ 年間平均LTVで物事を考える



「集客メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから

「独立開業メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから

「心理学メソッド」のページをご覧になりたい方はこちらから




↑ ページの上部へ






ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。