飲食店の売上・集客メソッド  〜ザイアンスの法則〜     



接触回数が多いほど人は好意を持つ。

ザイアンスの法則とはいうのは、アメリカの有名な
心理学者であるザイアンス氏が1965年に発表した法則です。

この法則は至るところで使われています。

ザイアンスの法則を簡単に書くと、

1、人は見ず知らずの人には冷淡且つ攻撃的に振る舞う
2、人は会えば会うほど相手に好意を持つ
3、2に加えて、相手の内面、側面を知ると好意が増す


というような法則です。

飛込み営業の成約率が極端に低いのは、1に当てはまるからです。
ここで諦める人は成績がわるく、2を理解している人はもう少し粘ります。

そうする事で商談成立の確率も高くなるのです。
これは一般の商売にも同じことが言えます。

「接触回数が多いほど人は好印象を持つ」

ですので紹介したい商品・サービスは継続的に紹介するべきですし、
あなたの信念・理念に関しても継続的に伝えると良いのです。


・社内恋愛、職場結婚
が多いのも、「ザイアンスの法則」かもしれません。

前回紹介した「リハーサル効果」と同時に得ることができる効果
ですから、どちらにせよ反復継続が重要だということです。


また、

親睦会、パーティー、セミナーを開催し、直接会うことも
意識しましょう。直接接触するのは効果が絶大ですから。


※注意点@
接触回数が多くても、自慢話とか印象が悪い話だと逆効果になる
こともあります。
失敗談をすることで好感をもってもらい、失敗からどうやって
成功につなげたかなどを話をすると印象が良くなります。

※注意点A
接触回数が増えても友達関係になってはいけません。
友達になってしまうとモノやサービスを売りづらくなります。

    


このような心理学テクニックが、飲食店の接客に活用できます






  飲食店経営-飲食店の集客や売上不振を解決するサイトのトップページへ-

↑ ページの上部へ



ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。