飲食店の売上・集客メソッド  〜リスク共有効果〜     



他人の不幸を自分の不幸に重ねる。リスクを共有する心理が働く。

他人の不幸を将来自分に訪れるかもしれない不幸、
および、現在の不幸と重ね合わせる心理というものがあります。

たとえば、
会社が倒産した、給料が下がった、人生について不安だった、
店舗運営するも全く売上が上がらなかったなどです。

他人の不幸=自分の不幸・未来の自分の不幸として
リスクを共有する心理が働きます。


共有を得た後で、困難・情熱・努力をすれば、
稼げるようになりましたと訴えれば、お客様は同調するものです。
同調さえさせてしまえば、商品・サービスを売ることは決して
難しいことではありません。


たとえば、こういう例もあります。

レストランで新商品を作ったときに、メニュー表の間に
この商品を完成させるには、いくつもの困難がありました。
しかし、情熱を持ち努力することでこの商品が完成したのです。
この商品は私の血と汗の結晶です。

このように訴えかけるだけで、面白いほど商品は売れます。
これだけ情熱を注いで作られた商品だから悪いわけがない。
きっと素晴らしい商品に違いないと思ってもらえるというわけです。

※何かを販売する場合、商品・サービス開発の背景には多大な困難が
あり、その困難に情熱と努力で立ち向かい、その商品・サービスが完成
したということを訴えかけると売れるようになりますよ!

    


このような心理学テクニックが、飲食店の接客に活用できます





     飲食店経営-飲食店の集客や売上不振を解決するサイトのトップページへ-

↑ ページの上部へ



ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。