飲食店の売上・集客メソッド  〜損失回避の原理〜     



人は損しないように損しないように生きる反面、
少しでも得するように得するように生きている。


「プロスペクト理論」というものがあります。
人は得をしたときの幸福感よりも損したときの失望感
のほうがはるかに大きい(2〜2.5倍)

たとえば、


宝くじで1万円当たったら、1万円の価値しか感じないのに
対して、1万円損したときは、2万円〜2.5万円損した気分に
なるということです。

そのために人は、なるべく損しないように損しないようにと
行動しますし、その反面、少しでも得するように得するようにと
慎重に生きているのです。


この心理を理解しておくことがセールスには重要です!

人は損得に発熱する生き物ですので、
リスクを最大限打ち消し、利益をチラつかせれば、
とたんに理不尽な行動を起こすでしょう。

リスクを打ち消す、利益を打ち出す。

これは絶対に抑えておいてくださいね。

もう一度お伝えしておきます。

リスクを打ち消す、利益を打ち出す!

必ず意識してください。

    


このような心理学テクニックが、飲食店の接客に活用できます





     飲食店経営-飲食店の集客や売上不振を解決するサイトのトップページへ-

↑ ページの上部へ



ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。