飲食店の売上・集客メソッド 〜目先の利益理論〜



人は遠い未来の大きな利益よりも無意識に
目先の利益を選んでしまう傾向にある。


人は、遠い未来の大きな利益よりも無意識に
目先の利益を選んでしまう傾向にあります。


たとえば、このような投資話があったと仮定します。

1、「3年待つと100万円が200万円になる」
2、「今すぐ100万円が110万円になる」


すると、多くの方は2を選びます。
1のほうが90万円も多く儲かるのに、人は2を選ぶのです。


これは極端な例ですが、

このように人は未来の大儲けよりも、
目先の利益に反応するのです。


これは、多くの方が通り未来まで想像できない脳の仕組み
だからです。つまり、商品を売る場合は近い未来の利益を
想像させなければいけない!こう結論付けできます。


たとえば、ダイエット関連の商品をみるとわかりやすいのですが、
売れてるものは、近い将来をイメージさせるものとなっています。

同じように、物販商品にも同じことが言えるということです。

物やサービスを売る場合は、目先の得を打ち出してあげると、
人は敏感に反応してくれるようになります!


    


このような心理学テクニックが、飲食店の接客に活用できます





     飲食店経営-飲食店の集客や売上不振を解決するサイトのトップページへ-

↑ ページの上部へ



ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。