飲食店の売上・集客メソッド 〜リフレーミング〜



セールスをする場合は、都合のいい言葉をはめ込んで
提示する。相手の考えてもいなかった新しい視点を
届けること。


何かの商品やサービスをセールスするとき、
「成功率は70%です」
「失敗率は30%です」

と言われた場合、同じ意味なのですが、

「成功率は70%です」のほうが好印象に感じますよね?

ですから、

セールスする場合は都合のいい言葉を
はめ込んで提示するわけです。


もう少し具体的な例を出すと、

・100万円あった貯金が50万円に減ってしまった場合。
「大変だ!もう半分しかない」となりますが、言い換えると
「まだ50万円も残っているじゃないか。これならまだ挽回できる」

と言い換えることができますよね?

どうですか?

視点を変えるだけで捉え方は大きく変わってきます。アングルを
変えて提示するとなぜか魅力的に感じてしまったりするものです。

相手の新しい視点を届けること。そこを意識すればお客様を
発熱させることができるのです。


    


このような心理学テクニックが、飲食店の接客に活用できます




     飲食店経営-飲食店の集客や売上不振を解決するサイトのトップページへ-

↑ ページの上部へ



ご訪問有難うございます

コンテンツメニュー

その他



■広島の飲食店専用の集客,売上を考える視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。広島の飲食店専用の集客、売上を考える方で、本ホームページが見づらい場合、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える聴力障害者の方へ
広島の飲食店専用の集客、売上を考える方など、電話でのお問い合わせ時に、聞きにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

■広島の飲食店専用の集客,売上を考える四肢障害の方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。